「魚とくれば日本酒」「日本酒とくれば魚」

そう思えるくらいに日本の食事になくてはならない、とても身近な食材。

繊細な白身から濃厚な味わいの甲殻類まで、刺身から焼きまで

多種多様ですが、ご家庭でも楽しみやすいお刺身や焼き魚を中心に

合わせたい日本酒を紹介します。

●銘柄名をクリックするとAmazonが開きます。

 

静岡県藤枝市 青島酒造

精米60% 山田錦/日本晴 特別純米

【香り:やや華やか 味:やや端麗】

静岡酵母らしいバナナ様の香りが穏やか。軽やかな甘みに優しくふわっとした旨味が、派手さはなくともどこか落ち着く、飽きのこない味わい。

冷酒で魚介のお刺身はもちろん、常温やお燗で出汁をつかった料理も合わせらてる幅広さ、長く付き合いたい一本。一家に一本のおススメ酒。

福井県永平寺町  黒龍酒造

精米55% 五百万石 吟醸

【香り:やや華やか 味:端麗】

上品さや繊細さ、爽やかな甘味のある吟醸香。きれいな透明感のある甘味、端麗でありながらも輪郭のはっきりした味わいは、キリッとした余韻。

黒龍さんの主要銘柄を同時に飲み比べたら、「ああ、黒龍は吟醸蔵なんだな」と納得の一杯。

お刺身やカプレーゼなど、素材そのままに近い料理と。

宮城県石巻市 墨廼江酒造

精米60% 五百万石 特別純米

【香り:穏やか 味:中口】

穏やかな香りと柔らかい米の旨味がバランスよく、全体に優しい印象。お酒が主張するのでなく、料理に寄り添う脇役になってくれる。

世界三大漁場の三陸沖を抱える石巻らしく、魚介にピッタリ。地ブランドの金華鯖があるように、青魚にも◎

高知県中土佐町 西岡酒造店

精米50% 夢の香 純米吟醸

【香り:やや華やか 味:中口】

「高知といえば鰹。鰹とくれば高知の酒」と、限定するわけではないのですが、よく合います。柑橘感のある果実香、やや酸味とコクもある味わいは魚の血合いの臭みを中和してくれ、余韻のキレも。鰹の土佐造りようにポン酢を使った料理や赤身に◎。

青森県八戸市 八戸酒造

精米55%/60% 華吹雪 特別純米

【香り:控え目 味:中口】

華やかな香りの印象が強い陸奥八仙のなかにおいては、控え目な香りで程よく旨味ののった、まさに食中酒。それでいてキレがある。スルメイカの甘味を拾い、ねっとりとした舌触りをすっきりと流してくれる。八戸らしいと思うような一本。冷酒からぬる燗まで楽しめる。

静岡県沼津市 高嶋酒造

精米60% 誉富士 純米

【香り:やや華やか 味:中口】

「焼き魚をみると、白隠正宗が飲みたくなる。旨口の白隠正宗を飲むと、焼き魚が食いたくなる」。昭和を知っている人ならどこかで聞いたことがあるよな台詞だが、本当にそう思えてくる。バナナ様の香りが程よく食欲を誘い、優しい甘味と穏やかな旨味は、アジの干物に醤油をぽたり、そこで白隠正宗をくいっと。これで完結できちゃいそう。お燗にしてもよく、出汁の利いた煮物や鍋にもいいでしょう。

青森県弘前市 三浦酒造

精米55‐60% 豊盃米 特別純米

【香り:爽やか 味:やや淡麗】

青森を思わせるリンゴ様のフルーティな香りが落ち着きをもって。香りすぎないところがまさに食中酒。どんな料理とも相性がよいが、軽やかというよりは、優しさの中に一本の新を感じる味わいが、刺身のイカのねっとりとした甘味を拾いつつ、舌をさっぱりさせてくれる。普段使いしたい一本。